相続対策と相続税のご相談なら税理士法人西川オフィス神戸へ。只今無料相談実施中!

これから起業・開業される方へ




これから起業・開業しよう!というみなさんは、恐らく期待に胸がふくらんでいることと思います。でもちょっと待って下さい。会社・個人事業主の約5割が3年以内に廃業、さらに、約8割が10年以内に廃業しているという統計データがあります。
そこで、これから起業・開業するみなさまに成功していただくために、以下についてチェックしてみましょう。

起業・開業をする前に

1.起業・開業の決意にゆらぎはないですか
  『起業・開業』という響きは魅力的ですが、起業・開業は楽なことばかりではありません。苦しいとき、
  うまくいかないときの方が多いかもしれません。そんな時、決して他人のせいにせず、乗り切ってゆく
  決意はありますか?
2.事業の可能性は十分に検討しましたか?
  1)提供する商品・サービスに独自性はありますか?
  2)商品・サービスの提供方法に独自性はありますか?
  3)独自性がない場合、価格競争力はありますか?
  4)新規顧客を獲得する方策はありますか?
  上記のいずれにも自信がもてない場合は、再度考えを整理してみましょう。

事業イメージを紙にまとめましょう

1.事業に名前をつけましょう
  知らない人が見てもすぐにイメージできるような名前をつけましょう。
2.事業内容を簡潔にまとめましょう
  誰に・何を・どのように提供するのかをわかりやすく整理しましょう。この段階であなたがワクワクする
  ことが大事です。
3.市場環境を分析しましょう
  市場規模や市場の成長性、競合関係調査などを調べてみましょう。
4.競合を調べましょう
  あなた以外に同じ事業をやろうとする会社はあるのか?その会社はどこにある
  のか?もし同一商圏の場合は勝ち目があるか?などを良く調べましょう。
5.顧客の獲得法を考えましょう
  あなたが提供する商品・サービスを購入するターゲット顧客・市場にどうアプローチするのか、訴求方
  法と顧客の獲得法を検討しましょう。
6.
想定されるリスクを洗い出しましょう
  事業開始に伴って想定されるリスクや問題点を抽出し、その対処法や解決策を考えましょう。

資金計画を立てましょう

1.起業・開業に必要な資金額を計算しましょう
  
独立前に必要な資金は開業資金と運転資金に分かれます。事前にいくらかかるのか、しっかり算出
  しておきましょう。
2.自己資金がいくらあるかを確認しましょう
  起業・開業に伴う資金を全額自己資金でまかなうことは難しいですが、なるべく多く準備しておいた方
  が良いことは間違いありません。そこで、必要資金をどこまで用意できるのか、しっかりと洗い出して
  みましょう。

3.不足資金額の算出と調達先を検討しましょう
  開業資金が不足した場合、まず思い浮かぶのが金融機関からの融資ですが、
実は金融機関は起
  業・開業者にはなかなか融資をしてくれません。そこで公的金融機関や
助成金の活用をまず検討し
  てみましょう。


上記を一通りご覧いただいて、起業・開業に向けた決意に問題がなければいよいよ起業開始です。しかしながら、
1.個人事業主と会社設立はどちらが得なんだろう?
2.個人事業でも会社でも事業開始の手続きはどうすれば良いのだろう?
3.
会社を設立をするにはいくらかかり、一体何を準備すれば良いのだろう?
4.会社設立する場合、株式会社・合同会社・LLC・・・は何が良いのだろう?
5.事業開始後の会計業務(帳簿や決算・申告等)はどうすれば良いのだろう?

などについて相談をされたい方も多いと思います。

そこで税理士法人西川オフィス神戸があなたのお悩みにお応えさせていただきます。お気軽にご相談下さい。

その他起業・開業・会社設立関連ページ

個人法人どっちが得?
個人事業で開業される方
新会社法時代の会社設立
会社設立サポート